2017年7月27日木曜日

限界からの一歩

公園からは子ども達の弾む声が、校舎からは吹奏楽部の演奏のメロディーが、校庭からはボールを打ち、ボールを蹴る音が聴こえてくる。
耳で夏休みを感じながら、仕事に行った今朝。
私の仕事も夏休みモードに入る。
生活の流れの変化に合わせて、発達に向き合うリズムも変えていく必要がある。


夏休み前、偶然にも同じ言葉を使う、私がいた。
「限界からの一歩」
本人も、親御さんも、先生も、支援者も、見ている、感じている限界のラインがある。
そこを一歩踏み出そうというのが、この意味である。


限界のラインから下がったところで足踏みをし、充分慣れ、余裕ができるまで待つという考え方がある。
これは無理なく、楽になるくらいまで成長すれば、自ずと限界のラインが上がっていくだろう、というものである。
一方で、全力で限界のラインを超えることで、限界そのものを上げていこうという考え方もある。


私は趣味でマラソンをしているが、楽なペースでいくら走り続けても、楽なペースで長く走れるようになるだけで、タイムは伸びないと実感している。
本気でタイムを縮めようとしたら、自分の限界ラインを超える必要がある、そう考えている。
限界を超えた先にこそ成長があり、限界を超えた時点で、限界そのものがそこにはなかったことに気が付ける。
そもそも限界ラインとは、頭が作りだした幻想であり、言い訳が仮装したようなものである。


私が関わる子ども達を見ていると、限界ラインを超えるような経験をしていない雰囲気を感じる。
いや、むしろ、周囲の大人によって「ここに、きみの限界ラインがあるよ」「限界まで頑張ると疲れちゃうよ」と、あたかも明確な限界ラインが存在するように、またその限界ラインに近づかないように、とされてきたように思えてくる。
だから私は、この夏休み、彼らの思う、親御さんの思う限界ラインを超えてもらう経験をしてもらいたいと願いから「限界からの一歩」という言葉を使っているのだろう。


子ども達、親御さん達から漂う“限界ライン”という幻想を目にすると、ギョーカイの営業トークを連想する。
「生涯に渡る支援」は、支援からの卒業の手前に限界のラインを引く。
「支援があれば」は、支援を必要としない自立の手前に限界のラインを引き、「専門家がいれば」は、専門家ではない親御さんや本人の力だけでは限界がある、というメッセージを伝える。
「一生治りません」は、改善と治るの間に限界のラインを引くようなもの。
つまり、ギョーカイの営業トークとは、支援者の望む範囲に限界ラインを引き、その限界ラインを本人に、親御さんに見えるようにすることが目的だといえる。


支援者からの自立の手前に、当事者の可能性の、生活の、人生の限界ラインを引く。
その限界ラインを超えないように、近づかないように、それがギョーカイの支援であり、ギョーカイの支援の、能力の限界ラインとも言える。


この夏休みは、みんなに自分の限界ラインを超えてもらおうと思っている。
「もう無理かも」「もう難しいかも」「これが限界かも」
そういった思いが浮かんできたからの一歩を後押ししたいと考えている。
限界ラインを見て走るのではなく、自分の過去よりも成長した姿を見て走ってもらいたい。
そして親御さんには、ギョーカイの囁きによって、知らず知らずに植え付けられた限界ラインを壊してもらいたい。


遊び疲れた子どもが食事中ウトウトするように、脳内の、他人の作った限界から飛びだして、夜には心地良い眠りに誘えるような発達援助を目指していく。

2017年7月25日火曜日

子育てに、素人がいて、専門家がいる不自然さ

初めてお会いする親御さんからは、このような言葉が発せられます。
「私のような素人ではうまくいかなくて…」と。
いつも私は、この“素人”という音に、人工的で、不自然な響きを感じます。
どうして親御さんが“素人”なのでしょうか。
そもそも子どもを育てるのに、素人も、玄人もないと思うのです。


素人発言をする親御さんは、お子さんが幼いときから専門家と呼ばれる人達の間を通ってきた人が多いのです。
専門家と関わればかかわるほど、親御さんが素人になっていく。
とっても皮肉なことです。
本来と正反対に進むわけです。
ということは、「早期発見」「早期療育」が親から主体性を奪い、専門家が専門家という地位を人工的に作るための手段と言えましょう。


初めて出会う障害を持った我が子。
その障害と多く向き合い、支援してきた人間が、親として自立した子育てができるように支援していく。
当然、親御さんの子育てを導く方向は、我が子が生き延びられるための道であり、自らの足で生きていける道。
それなのに、決まって手引きするのは、支援者の作る籠の中。
だから私は、親御さんの口から出る“素人”という音を聞くたびに、自分の体内に異物が入ってきたような感覚になります。

私は仕事をするとき、子育てを仕事に、商売にしてはならないと心に決めています。
子育てをする親御さんを後押しするのが私の仕事。
そのため、私がお子さんのどこを見ているのか、何を確認しているのか、何を目的とした言動か、どういった意味があるのか、伝えるようにしています。
そして、どのような変化が、どんな言動になって表れるか、成長や発達が確認できるポイントも伝えています。
こうすることで、私が持っている視点を親御さんに渡すことができます。
親御さんに持っている視点をすべて渡しきれば、私は役目を終えられます。


近頃、「発達障害を治してもらえるのでしょうか?」と、連絡がくるようになりました。
そういった場合、「治すためのアイディアと、治った人を知っていますが、私が治すことはできません。治すのは本人と親御さんです」と返答しています。
ここで「私が治します」と言えば、私が専門家になり、親御さんが素人になります。
ここで「私が治します」と言えば、私が治す人になり、親御さんが治してもらう人になります。
私は一生涯の支援などできませんし、他人の人生を食いつぶすことで自分の人生を成り立たせようなどというさもしい考えなど持ち合わせていません。


子どもを育てるのに、特別な場所、特別な道具、特別な人、特別な資格がないとできないと言うのなら、そこに存在するのは自然な営みの子育てではなく、世の中にある商売、商品の一つとしてのパッケージングされた子育てなのでしょう。
巷にあふれる療育がストーリーを生まないのも当然なのです。

2017年7月21日金曜日

お腹で地面を嘗めくり回すことで育つ感覚

昨日、両手でちょこっと前に進めるようになったと思ったら、今朝は、ずりばいであちこち家の中を移動している息子。
昨日まで自力で移動できなかったことを忘れてしまったように、思いのままに、気のままに、床を味わう。


赤ちゃんにとってずりばいは、相当激しい運動ではないか、と思う。
汗を垂らしながら移動する姿には、生命のたくましさと、進化の歩みがみえる。
海から上がり、地上での生活が始まる。


お腹を地面につけての移動は、その小さな身体を育てると同時に、距離感を養っているように思えてくる。
「あそこに扉が見える。行ってみよう」と手で地面を掴みがら、そして自分の移動した道のりをお腹で感じながら前に、前にと進んでいく。
こうやってお腹で地面を嘗めくり回すことで、空間を味わい、立体感のある世界を知るのではないだろうか。
ちょうどこのくらいの時期から、目が育ち始めるのも面白い。


仕事を通して、「ずりばい」や「はいはい」を育て直すことが多い。
成育歴を尋ねると、「やらずに立った」と返ってくることが多いからだ。
だから、私は一緒になって「ずりばい」や「はいはい」をして遊ぶ。


同じ視線で「ずりばい」をしていると、「この子は全身を育てているな」と感じることと、「この子は感覚を育てているな」と感じることがある。
同じ段階の発達のヌケなのに、違う雰囲気が伝わってくるのだ。
全身を育てるとは、動きであり、筋肉であり、弛緩である。
一方、感覚を育てるとは、距離感のようなものだと私の中では捉えている。
「人との距離感が掴めない」と表現されるような感覚だと思っている。


自閉症や発達障害の子は、運動面の発達の遅れ、左右の脳の未分化と連携の不具合が指摘されることがある。
また人間関係において、距離が近すぎたり、遠すぎたり、といった距離感が掴めないことによるトラブルや友人関係などを築くことの困難さが指摘される。
これは想像力の障害、対人面での障害などと、ざっくり言われている特性である。


このざっくりした特性、診断基準の項目を見聞きすれば、「それが自閉症だから」「それが脳機能の不具合だから」と頭をよぎる。
だが、本当はお腹での感覚が満たされていないからではないか、お腹で地面を嘗め回す経験が足りなかったのではないか、と思えてくる。
そう思えてくると、お腹で地面を感じる時間を作りたいな、もっとこの子には感じてほしいな、と発達援助の仕方が変化する。


近頃、ずりばいのヌケがある方の発達援助では、その子の雰囲気によって、ずりばいの運動だけではなく、「お腹で地面を感じる」「お腹で地面を嘗め回す」の2つを足したり、引いたりするようにしている。
いつからか、どの方の援助からかは忘れてしまったが、自然とこのような変化が生じている。
地面の凹凸を味わったり、固さを味わったり、温度を味わったり、高さを味わったり…。
歩いて感じる距離感、目で感じる距離感、頭で感じる距離感と、お腹で感じる距離感の違いを味わうこともする。


私も一緒に味わいながら、自分もこうやって赤ちゃんのときにお腹で地面を嘗めくり回し、空間の距離感を感じ、人との距離感を掴んでいったのだと想像する。

2017年7月6日木曜日

忘れ去られる登場人物の一人でありたい

私は、その人の支援を終えるとき、「私のことは忘れてください」と必ず言っています。
確かに、人生のある期間、共に学び、発達のお手伝いをさせてもらったかもしれません。
でも、治したのは、その人自身であり、「支援がなくても大丈夫」という想いも、その人の内側から湧き出たものです。


私にとって“発達援助”とは、“治す”とは、仕事であり、日々の生活、また私の人生にとって大きなウエイトを占めるものです。
そのくらいの想いをもって仕事をしています。
しかし、その人にとって、その人の人生において発達障害を治すことも、支援を受けることも、人生の目的にはなり得ませんし、大きなウエイトを占めてはいけないものだと思います。


私は、新規で利用される方にも、必ずこう言うようにしています。
「発達障害を治すのは目的ではありません。人生の通過地点です。人生の目的は、本人が幸せになることと、本人が持つ資質を他人のため、社会のために活かすことです」
発達障害に悩み、苦しんだ時期があったとしても、「障害に打ち克つのが我が人生」「障害と向き合い、受け入れた人生」などという人生にしてほしくない、と私は思うのです。


この世界にいると、支援したいのが支援者であって、必ずしも当事者みんなが支援を受けたいとは思っていないのだと感じます。
支援者にとって支援は仕事ですが、本人にとっては支援を受けるのが仕事ではありませんし、人生の目的でもありません。
ここのところを勘違いしていると、「先生のおかげで」なんて言われると、喜んでしまう支援者になってしまうのです。


だいぶ会わなくなってから、久しぶりに本人や家族と顔を合わせる。
そんなときに、上記のような「先生のおかげで」という言葉を受け取ると、その当時の自分を思い出し恥ずかしくなってしまいます。
本人が主体的に発達、成長を遂げていくものなのに、「私の支援」という色が残ってしまっている。
本人の治る過程の中に、日々の生活の中に、馴染むことのできなかった自分のウデの悪さが身に染みるのです。


また、いつまでも、治ったあとでも、支援を必要としなくなったあとでも、「発達障害」「支援」「支援する人、される人」というような言葉、私との日々が残ってしまっている。
人生の目的ではない発達障害を治すことが、まだ思いだされてしまう。
理想は、身体が覚えていて、頭で忘れている状態です。
私を必要としなくなった彼らと再び会うときには、彼ら自身の人生の目的に向かって、まっすぐ歩いていて欲しいのです。
「あの人、見たことがあるな」「あの人、誰だっけ」が、私が思い描く理想の支援者像であります。


10年後、20年後、私が一時期関わらせてもらった本人とそのご家族が、「そういえば、発達障害って言われていた時期があったよね」「そういえば、支援を受けていた時期があったっけ」と、思い出話の一つとして、笑い話の一つとして会話がなされるくらいが、ちょうど良いと思うのです。
その家族の思い出話の中に、私の名も、存在も、必要ありませんから。

2017年6月29日木曜日

今の時代を全力でやりきることが、次の時代を作る

構造化された支援というものがなければ、施設職員だった私は、彼らを引っ張って誘導する日々であり、禁止や制止することで一日を終えていただろう。
私が施設職員として働きだしたときは、構造化された支援と前時代の支援が混ざった状態だった。
構造化された支援は、情報や刺激に溢れていた世界に秩序を与えた。
激しい行動障害を持った子ども達も、周囲の環境が整理され、見通しが持てるようになると、落ち着きを取り戻し、その子の持つ本来の資質が顔を見せるようになった。


構造化された支援は、当時よく『車いす』に例えられた。
「足の不自由な人にとっての車いすのように、自閉症の人にとっては構造化がそれにあたるんだ」と。
それまでの支援から抜け出したかった私達は、せっせと車いす作りに励んだ。
彼らが少しでも使いやすいと思ってくれる車いすを、彼らの生活の幅が増えるような車いすを。
今考えれば、人権侵害といわれるような前時代の支援は、構造化によって明らかに減った。
彼らは心身共に安定し、生活の中での選択肢、行動の範囲が広がった。
支援する側も、労力的な負担が減り、構造化された支援はお互いを幸せにするもののように感じていた。


しかし、施設にも高機能ブームの波がやってくると、構造化された支援だけでは、彼らのニーズに応えられない現実が突き付けられる。
確かに構造化することにより、知的障害のない彼らの頭の中も整理され、心身の安定をもたらす。
だが、その次がなかったのだ。
周囲の情報や刺激が整理され、心身が安定したあと、何を彼らに教えるのか、どう成長を支援していくのか、それが見えていなかった。


本来、構造化された支援とは、教育的なツールである。
構造化したあと、何を教えるかが重要なのだ。
しかし、福祉リードで導入していた日本では、教えることよりも、安定させること、前時代の人権侵害と言えるような支援からの脱却の方で満足してしまっていた。
「車いすがなかった時代よりは、ずっと良くなった」と彼らが言い、その声を聞いた支援者は、彼らのニーズを満たせた、良い支援をしている、と思った。
だけれども、高機能の人達は、「そうではない」と言った。
「私達は、ずっと車いすに乗って生活したいとは思っていない。もし、自分の足で立てるのなら、その方法があるのなら、教えて欲しい、支援してほしい」と。


各地で、それまで構造化された支援を行ってきた支援者が、それまで気付かれなかった自閉症の人達の支援を行うようになる。
人間関係の悩み、大学生活での悩み、仕事場での悩み、そのすべてを構造化して支援し、解決しようとした。
だが、問題は解決しない。
相談に行った彼らの悩みの根っこは、構造化されていない環境とつながっていたのではなく、未学習と誤学習、そして発達のヌケとつながっていたのだ。
高機能の人達から、こんな言葉をよく聞いた。
「構造化された支援は、知的障害がある人の支援で、私達には合わない」と。


そういった時代の変わり目を生きていた私達に、次の時代がやってきた。
治る時代、治す時代の到来である。
自分で歩ける方法を知りたかった、自分の足で歩きたかったという願いを叶えるべく、それまで「あなたは一生歩けるようにはなりませんよ。だから、車いすが必要なんです。車いすで移動しやすい社会に変える必要があるんです」と言われ続けていた彼らに、発達のヌケや遅れは育て直せるという希望の光が差し込んできたのだ。
自閉症支援は、確実に進歩、前進している。


昨日、構造化された支援を日本に持ってこられた、日本の自閉症支援を次の段階に進められた先生が旅立たれました。
施設で働いていた人間としては、それまでの時代に行っていたような支援を私自身がしなくて済んだこと、そして構造化された支援が広がったおかげで、彼らに人権と選択肢と心身の安定が得られたことは素晴らしい功績だと思います。
もし構造化された支援がなければ、アイディアの広がりが遅れていたら、無秩序な世界の中で混乱し、自分の言いたいことも伝えられず、伝えられたことがわからず、限られた場所で生きていた人達が今もなお、多くいたはずです。


今は、治る時代ですし、支援者には治すことが求められる時代です。
将来、この治る時代よりも、もっと素晴らしい、もっと自閉っ子達を幸せにするアイディア、支援が生まれるかもしれません。
しかし、だからといって、その時代の到来を待っていてはいけないのだと思います。
治る時代の治す支援を全力でやること、やりきること。
それが次の時代の到来を早めるのだと考えています。
「前時代よりも、より良いものを」という真剣な想い、行動が、時代を進める。
構造化された支援が、それまでの支援、彼らを取り巻く環境を一変させたように、治す支援が今を生きる人達、これから生まれてくる子ども達の生活を、人生の歩みを変えることでしょう。


先生、お疲れ様でした。
安らかなる眠りをお祈り致します。

2017年6月25日日曜日

アセスメントシートは支援道具ではなく、商売道具

組織を作ると、ウデが悪くなるのか?
ウデが悪くなると、組織を作るのか?
どちらが正解かは分かりませんが、どうも組織を作ると、利用している人は自立できなくなるし、治らなくなる。


それは、ウデの良いトップの元には、愛着障害バリバリの支援者や出世欲に満ちた支援者、ウデの悪い支援者などが集まりやすいからかもしれないし、自分以外の支援者を養うため、余計にお金を集めないといけなくなるからかもしれない。
一人でやる場合や組織の中の一人としてやっているうちは、純粋に子どものため、親御さんのために支援していればよかったけれど、組織を維持するには利用者の固定資産化を目指さなければいけなくなる。


不良債権を抱えるために、利用者の固定資産化を図る。
固定資産化されるから、利用者はどんどん治らなくなる。
結果、「一人でやっていたときはウデの良い支援者だったのに…」と言われるようになる。


組織を維持するために、良く使われる手段が「アセスメント」ってやつですね。
どっかの誰かが作ったシートを使い、いろんなのを寄せ集めただけの“オリジナルシート(キラッ)”を使い、何時間も、何日もかけてアセスメントを行う。
「私の子をこんなにも多くの専門家の人が、こんなにも多くの時間をかけて評価してくれている(感動)」みたいな勘違いをされる親御さんもいますが、時間をかけるのは料金を上げるためですよ。
アセスメントに、何万円もお金を出すなんて、また要求するなんてボッタクリもいいとこです。
だって、そのアセスメントしたときのその人を切り取り、それを書き示しているだけだから。
流れのない、それこそ、ストーリーのないアセスメントなんて、評価してもらったという自己満足が残るだけです。


「支援はアセスメントから始める」
「継続的なアセスメントがより良い支援につながる」
というのも、セールストーク。
こういえば、こう洗脳しておけば、定期的に利用者が得られるのです。
アセスメントは、いくら行っても、その子が伸びるわけではありません。
第一、「まずアセスメント」「次は支援」というようなものではなく、どちらもくっついているものです。
私も、関わる際は、アセスメントと支援が混合している状態で、はっきりと分けてはいません。
支援しつつ、アセスメントをし、アセスメントをしつつ、支援をしています。
その瞬間瞬間で、変わるものだという感覚です。
例えるのなら呼吸みたいなもので、吸って、吐いてを繰り返すようなもの。
その深さ、長さは変わりますが、無意識に繰り返されるのが、支援とアセスメントです。


アセスメントシートとは、ウデの悪い支援者のためにあるようなものです。
ウデの良い支援者は、いちいちシートなんか見て、アセスメントしませんね。
あれは、下手くそでも、ある一定の評価表が作れるように、体裁を整えられるようにするためのグッズです。
アセスメントの結果を受け取ったとき、「なんか良いものをもらった」という感覚がありますよね。
でも、それ以上にはならない。


実際、使えないでしょ、具体的な支援につながらないでしょ。
だって、自閉症の人がアセスメントを受ければ、だいたいみんな同じことが書いてある。
「視覚的に示されると、理解できることが増える」
「刺激が多いと、それに集中が奪われることがあるから、情報を整理して」
「手順が決まった作業は、集中して長い時間できます」
「言葉よりも、絵や文字など、視覚情報で伝えるように」


まあ、ネタバレしちゃうと、下手くそでもできるようにシートがなっているから、自閉症なら自閉症の人が共通しやすいところをピックアップして構成されている。
それこそ、100人いたら100通りの評価ができる、なんていうシートを作っちゃったら、多くの人が使いこなせないし、そもそもシートを使う意味がなくなってしまいます。
シートを作る方は、多くの利用者に使ってもらう必要があるし、その前に、多くの支援者が「使いやすい」と思ってもらわなくてはなりません。


ウデの良い、100人いれば、100通りのアセスメントを、呼吸のように瞬時に、無意識にできる支援者は、もともとシートを使わない。
ですから、アセスメントシートを作った支援者は、ウデの良くない、シートがないとアセスメントできない大部分の支援者をターゲットにする。
そんなターゲットにされるような支援者が使うシートで、いくらアセスメントされても、似たり寄ったりの回答しか出てこない。
ゆえに、アセスメントに、何万円も、何時間も、何度も、かけても、成長していくのは、その支援者の組織だけです。


「そんなことを言うけど、定期的にアセスメントを受けることで、子どもの成長がわかるんですぅー」と言われる方に、もう一つネタバレ。
学校の通知表と一緒で、前回よりも、ちょっと成長したように書くのがミソってこと。
つまり、なんも成長がなければ、「意味ないし」「もうやらない」になっちゃうし、あまり伸びすぎても、「もう必要ない」「もうやらない」になるし、本当に伸びまくりなら、アセスメントを受けなくても、一緒に生活していればわかる。
だから、ちょっと成長した風に書いて、「次もどうぞ」にしておくのがテッパンなのです。
それが自由記述で評価できるメリットなのです(支援者にとって)。


ディスりついでに、あの就労に向けたアセスメントシートってやつは、無理くりすぎますよね。
働くっていうのは、主体性がないとダメだし、選択肢のないものから自ら選びとる段階まで発達しておかなければならないもの。
それをどっかのだれかが検査して、「あなたは、これが向いていますよ」「このスキルを活かした仕事が良いですよ」なんて言われる。
それを信じちゃう人は、「そうか、自分には、こんな仕事が向いているんだ」「この条件にあった仕事に就こう」としてしまう。


当然、就職には面接もあるし、それぞれの職場環境だってある。
そもそも全員が希望した、自分の理想とする職場に入れるわけがない。
自分の住んでいるところに、そういった仕事がないかもしれないし、募集していないかもしれない。
で、「僕に合った仕事がないんですぅ~」と支援機関に行き、「そうか、じゃあ、福祉的就労だね」となる。
「あなたに合った仕事」なんて言いながら、勧めるのは福祉枠でしょ、作業所ばかりでしょ。
じゃあ、意味ないじゃん、勧める先が決まっているのなら。


それに自閉症、発達障害の人のための就労版アセスメントって、これまた、みんな同じような職種しか出てこない。
就労版アセスメントの結果が、「接客業に向いてます」とかならないし、「週40時間、いや、残業もできるくらいバリバリ働けます」なんてならない。
あれだけ著名人を例に出すのに、「パソコンの創業者」「企業の社長」「発明家」「芸術家」「モデル」なんてのも出てこない。
だいたいみなさん、静かな環境で、決められた手順があって、適度に休みが取れる職場が「あなたに合った職場」になるんですね。


2017年も真ん中まできたのに、いまだにアセスメントで儲けよう、またそれに引っかかる人、それを有難がる人がいるのに驚きです。
そろそろ、そのカラクリに気が付いた方が良いですね。
ウデの良い支援者って、アセスメントで儲けないでしょ、アセスメントは当たり前だから同時進行で治していくでしょ。


子どもの成長、発達というのは、何も変化がないような日々が続く中で、突然、グッと変化が訪れるものです。
お腹の中から、ずっと一緒にいた親御さんですから、赤の他人から「ここが成長してますよ」と言われないと成長に気がつかないわけがありません。
周りが見ていて、「あっ、変わった」というのが成長ですし、そもそも本人が一番先に気がつくものです。


アセスメントシートにしか表れない成長、発達って…。
まあ、私は自由記述ほど、話半分で聞かないといけない評価というものはないと思っています。

2017年6月22日木曜日

自立が生き延びることにつながる我が子と、自立させないことが生き延びることにつながるギョーカイ

ギョーカイが嫌いなもの。
それは、親の持つ本能であり、主体性である。


親は、我が子に迫った危険をいち早く察し、その危険から我が子を守る行動をとる。
これは、高等な脳があるからではなく、経験したから成しえるものでもない。
親の持つ本能が発動したのだ。
同じように、我が子を自立させる、一人で食べ物を取り、命を永らえる方法を身に付けさせるのも、学習や文化の継承などといった薄っぺらい話ではなく、本能によるものである。


ギョーカイは言う。
「一生治りません。生涯に渡る支援が必要なんです」と。
これは、親の持つ本能の否定である。
親の本能は、我が子の自立へ向かって動き始めている、それは受精した瞬間から。
しかし、ギョーカイは言葉や文字などの人工物を使い、その本能を止めようとする、それが間違いだと学習させようとする。


いつしか自分の内側にある本能に蓋がされ、見て見ぬように、気づかないように、と学習した親、ギョーカイという文化に適応した親は、主体性を失っていく。
そう、主体性のはく奪こそ、ギョーカイの最終目的である。
親の主体性ほど、ギョーカイにとって邪魔なものはない。


親が主体的に行動し始めたらどうなるか。
我が子に必要な療育を選び、不必要な療育を捨てることになる。
そもそも巷にあふれる何とか療法は、一人の子の成長と発達を完全に満たすたすものではないのだ。
だから、どんな療法も、いつかは捨てられる運命にある。
この“捨てられる”ことをギョーカイは恐れる。
ギョーカイとは、使い続けられることで、生き延びる存在なのである。
だから、自分たちの行いの不完全さ、本能に反する動きを隠すために、親の主体性を奪おうとする。


親が自分たちに我が子を完全に預けてもらうことこそ、ギョーカイの繁栄に必要なことである。
不完全なもの、本能に反することをやり続けるために、その本能自体を野蛮なものと学習させ、主体性を取り上げる必要がある。
親には見て見ぬふりをしてもらいたいのだ。
「先生にお任せします」と言ってもらいたいのだ。


本能を発揮させる親は、ギョーカイの行いが、我が子の自立から遠ざけていることに気が付く。
「このまま、言いなりになっていれば、我が子は支援がないと生きられない人間になる。一生自立することができなくなる」
本能で行動できる親は、我が子が苦しむ様子を見て、「そのままでいい」「これも障害だから」などとは決して言うことはない。
自然と、その苦しみをとるために、行動しているものだ。
また、自立を阻むものから我が子から遠ざけ、できる限り、生きる術を教えようとする。


自立させることが生き延びることにつながる我が子と、自立させないことが生き延びることにつながるギョーカイ。
結局、ギョーカイのやっていることは、親の本能から子どもを自分たちの手の中に奪うことである。
親が主体的に、本能に従って行動すれば、そもそもギョーカイの存在価値などはないのだ。
我が子に発達の凸凹があれば、その凸凹に合わせて生きる術を教えるのが親であり、我が子を生き延びらせるために心血を注がせるのが本能である。


発達援助とは、親の本能に沿った子育ての姿である。
食べられない物ばかりだと、健康に支障がでる。
だから、偏食を治す。
二足歩行が難しかったら、移動するのにも、仕事をするのにも、不具合が生じる。
だから、前の発達段階からやりなおし、きちんと二足歩行ができる身体を育てる。
生き延びるために、自分の足で自立して生きていけるようにすることこそ、発達援助。
これは親の本能と同じ方向を向いている。
発達援助とは、治った時点で、その援助が必要なくなった時点で、完成を見る。


ギョーカイは、本能と真逆の方向を向いて行動している。
それが自分たちを生き永らせる道だから。
そのために、「一生治りません」と言い、生涯に渡る支援を親に飲みこませ、我が子を変えるよりも、社会や環境を変えるべきだと説く。


あなたの周りにいる支援者は、親の持つ本能と同じ方向を向いているだろうか。
そして、あなた自身、自分の内側にある本能にきちんと目を向けることができているだろうか、その本能に従って子育てができているだろうか。
そこに「発達障害だから」「自閉症だから」「重度だから」という言葉が入る余地はない。