2014年1月28日火曜日

障害を持った子どもと一緒に安心して暮らせる場所を

障害を持った子どもがいると、一般的な賃貸住宅を借りることが難しいという話を聞きます。
障害を持った子どもがいると聞いただけで、大家さんが入居を断ることがあります。
何軒も断られながらも、やっとのことで入居が決まったとしても、保護者の方の心労は続きます。
子どもが大きな声を出してしまったり、動き回ったりしてしまう。
保護者の方がいくら静かにさせようとしても、子どもによっては難しいこともあります。
そういった場合、別の住人の人からクレームが入ることがあります。

障害を持った子どもがいるということだけで、賃貸住宅を借りることが難しい、借りてからも他の住民の視線を気にしながら生活しなければならない。
お金がある家庭でしたら家を建てることができるかもしれません。
でも、そうでなければ、賃貸住宅を探すか、公営住宅に入居するしかありません。

障害を持った子どものいない家庭では、自由に住宅を選ぶことができる。
住みたい場所に住むことができるという当たり前のことが、障害を持った子どものいる家庭でも可能になる社会にしなければならないと思います。
しかし、現実問題として、困っている家庭があります。
入所施設やケアハウス、グループホームなど、障害を持った人が住む環境は整いつつありますが、在宅の家族が障害を持った子どもと一緒に安心して住むことができる住居も同じように必要だと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿