2014年2月12日水曜日

最終目標は『何でも屋』

『てらっこ塾』の最終目標は、何でも屋。
「自閉症に関することなら、何でもやります!」というような看板を掲げたい。

療育、相談はもちろんのこと、
保護者の方が急病や用事があるときに、預かるサービス
就職活動をサポートするサービス
一緒に外出するサービス
家庭の中を本人が住みやすい環境に整えるサービス
お見合いや結婚生活のサポートサービス
などなど。

自閉症支援の中核は、個別化。
だったら、サービスも個別化していく。
ニーズの数だけ、サービスの種類があるはずだ。
最初からサービスがあるのではなく、一人ひとりのニーズに合わせてサービスを作っていく。

「何を夢みたいなことを」と思われるかもしれない。
でも、私は必ず実現できると思っている。
というか、行動に移して、実現させれば良いだけと考えている。
『てらっこ塾』を作ったときのように。

0 件のコメント:

コメントを投稿