2014年8月30日土曜日

『THE自閉症支援』以外も、自閉症支援です!

本人の様子を見ながら、アセスメントシートにペンを走らせる。
スケジュールやコミュニケーションカードを作り、部屋に衝立を立てていく。
本人と絵や文字を書きながら会話をしていく・・・。
これこそが「THE自閉症支援」と思っている人も多いかもしれません。
実際に支援をしていることがわかりやすいので、保護者にとっても、支援者にとっても好まれる支援であるといえます。
でも、これは自閉症支援の一部でしかありません。

極端な人は「構造化すること=自閉症支援」であると考えていることがあります。
しかし、構造化することは教えるための準備をしているということです。
そして、教えることの準備は構造化だけではありません。
体調を整えること、しっかり食事や睡眠をとること、余暇を充実させること、ストレスを発散すること、自分自身を理解し、好きになること・・・。

自閉症支援とは、自閉症という特性を持つ"人"を支援することです。
人を支援することは、教育的なことだけではなく、心身の安定を図ることや充実した生活を送ることなど、その人に関わる全般をサポートすることです。

感覚面の特異性により、心身の不調を訴える自閉症者はたくさんいます。
過敏性により、音や触れるものに対して苦痛を感じたり、睡眠が乱れたり。
私は自閉症は身体障害とも言えるのではないか、と思うことがあります。
ですから、このような点へのアプローチも大切な自閉症支援だと考えています。

本人の体調が優れていなかったり、気持ちが落ち着いていなかったりするのに、そんなことお構いなしに指導しようとする支援者もいます。
繰り返しになりますが、自閉症という特性を持っているかもしれませんが、私たちは"人"を支援しているのです。
まず、目の前にいる"人"を尊重し、その"人"の生活全般を意識した支援を展開していかなければ、真の自閉症支援とは言えないと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿